事業者ローン

消費者金融申し込み資格

消費者金融の申し込み資格「満20歳以上の安定収入のある人」というのは、戸籍上満20歳以上の人を指します。一般にクレジットカード業界では、親の同意があれば満18歳以上でも申し込みできますが、消費者金融では原則として満20歳以上とされています。

クレジットカード契約をしても、学生さんや未成年者の場合は、消費者金融サービスは利用できません。民法では、未成年者でも結婚すると成年者とみなされるという規定があるので、社会通念上は満20歳未満でも結婚していれば、契約はできるとも考えられますが、消費者金融の場合、実際には大手ではまず認められないでしょう。

中小業者の場合は、既婚者に限って認めているところもあるようです。 次に、消費者金融の申し込み資格にある、安定収入のある人というのは、返すあてがある人と考えればいいでしょう。

結局、消費者金融に申し込むには仕事が問題になるのです。またこの安定的というのがミソで、決して定期的とはいっていません。

そのため、定期的に一定額の収入がなくても消費者金融申し込みはOKです。

会社の倒産やリストラ、終身雇用制の崩壊で、サラリーマンでも一定額の収入が得られるという保証はないのです。

よくアルバイト、パートでも可というのがあります。

これは、要は返すだけのあてがあればいいのですから、仕事に就いて安定的な収入があればよいということをいっているわけです。

結局、消費者金融に申し込むための安定的とは一応会社に勤めているといった程度の理解でいいと思います。

このページのトップへ