ネットで金利優遇

只今ネットで金利優遇情報はありません。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」
実質年率4.5%〜17.8%の登場で人気の【プロミス】。低金利と合わせ、限度額1〜500万円はうれしい。▼詳しくはこちら▼
新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイクは30日間無利息!来店不要、即日融資*OK!お申込み後、すぐに画面で審査回答!▼詳しくはこちら▼
*お申込の時間帯によってはご対応できない場合がございます。

消費者金融の営業貸付残高ランキング

消費者金融を選ぶ際にいろいろと比較して決めると思いますが、営業貸付残高ランキングというのも参考にしてはいかがでしょうか。

2003年度、2004年度の消費者金融専業者の営業貸付残高ランキングを見てみると、外資系の消費者金融の進出がかなり本格的なものになっています。

消費者金融は会社更生法により外資系に吸収合併されたり、中小の会社を吸収合併したりと、消費者金融の合併・統合も進んできました。

不況に強いと言われる消費者金融業界にも、着実に不況の波は襲ってきているようです。

では、ここからどんなことが予測でき、各消費者金融会社の比較ができるのでしょうか?

消費者金融業界では、相変わらず大手の消費者金融会社の強さが目立ちます。

中小の消費者金融は、大手から降りてきた多重債務者を相手にするしかありません。

しかも、ここ最近は自己破産をする人も増え、中小消費者金融業が生き残るのはとても難しくなってきているようです。

2004年から2005年にかけて、見えなくなっている消費者金融会社が数多くあります。

消費者金融の吸収合併や、経営破綻による会社更生法を適用したためです。

破綻した中小消費者金融を、大手会社が吸収しているのも見逃せません。

こうして大手は、今以上に力をつけていき、今後は中小消費者金融業者の入る隙間がなくなるのではないでしょうか。

消費者金融を比較する際には営業貸付残高ランキングも視野に入れて比較検討してください。

このページのトップへ